2006年12月10日

キカイダーVSハカイダー

今日、やっとキカイダーVSハカイダーを打てました。
役物が非常に良い感じです。
なかなか面白かったです。
ハカイダールートからキカイダールートへ仕切りを越えてジャンプしたときは驚きましたよ。
こんなパターンもあるのか!!と。
イレギュラーと呼ばれるものが無いと思われる役物で

肝心な攻略要素・・・なかなか見つけられず。
ラウンド間の止め打ちは、9カウント目を拾ったら打ち出し停止→役物上の7セグが5回点滅→打ち出し開始が一番玉のロスが少ない感じ。
羽根開放狙いは、チャッカーに入る前にストップボタンをチョンと押すのが良いかも?
まぁ、入ってからタイミングを取れるわけではないので面倒かな?と。
直撃大当たりの無い新基準機なので、一応連鳴き不可(解除は早いですが)。
羽根解放後は、役物上の7セグが落ち着いてから打ち出し開始がベストか?
・・・と、こんな感じです。

今一番攻略したい部分は、ハカイダールートから次の歯車へ進むための穴の狙い撃ち。
基本的に役物に入った玉の大半がハカイダールートに流れるわけのと、回転体を使用しているので次のステップへ向かう穴は狙えるのじゃないかな?と考えた訳です。
ここをクリアする玉が増えれば、かなり楽になるハズでしょうし。
問題点は、縦に回転する為に隠れる部分が出来てしまって、基準を見つけるのが難しい点でしょうか?

とりあえず、狙い撃ち出来ないと役物が辛く感じて仕方ないっす。
ALL8のために、大当たり出玉も少ないですし全体的に辛め・・・
寄りだけは殺さないで欲しい台でした。
posted by な。 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽根物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。